ryochinmokkoshi の すっとこどっこい日記

音楽・映画・日々の雑な感想 などをお送りいたします。

daydreaming

お久しぶりでございます。

 

最近の僕ですが、

幼い頃患っていたアトピーやアレルギーが再発(Re-Issue)してしまい、軟膏やら錠剤をキメまくっていました。

 

とりあえず全身かゆいのですが、薬があればそちらはなんとか対応できています。

 

しかし問題なのが、アレルギー由来のじんましんがこのところ週1ペースで発症。。

顔まわりと瞼が腫れて眼があかなくなってしまいます…

発作的に目がゴロゴロして視界を奪われてしまうのでほんとにツライ。

以前は顔の腫れだけだったのですが、ここ2ヶ月くらいは主に目が…

先日じんましんが出た時は、テンパってしまい救急車にお世話になってしまいました…

 

 

じんましん自体、いまひとつ原因がわかってないらしく、思い当たるとすれば温→冷の気温差によるものか、アルコールか。。という感じです。(お酒はそんな飲んでないけどな…)

 

処方された飲み薬をしっかり飲んでいたのですが、この間のバンド練習中に発症……

メンバー、びっくりしてた笑

ごめんね。笑

 

意識はしっかりしてるのが幸いですが、喉にじんましんが出て腫れた場合、気道が塞がれることもあるみたいなので油断できないな。

 

予兆は感じるのですが、気づいた時にはもう

‘‘お岩さん’’ 状態…

 

いままで3つの皮膚科にお世話になっていたのですが、あまり病状が良くならないことや、医師の相性(結構重要)を鑑みて、別の皮膚科・眼科へレッツゴー。

 

師曰く、軟膏をしっかり・たっぷり塗っていないと治るものも治らない、と。

わかってはいるのですが、ステロイドってちょっと怖くて、大量にベタベタ塗るのが不安だったのです。

あと、少し強めの飲み薬も出してもらいました。(心なしか以前の薬より効いてる!?)

 

あと、初めて行った眼科のおじいちゃん先生もめちゃめちゃ話しやすくて柔和な人でした!

これは…通う……!(目薬を大量にもらったので次回はだいぶ先だな)

 

これは偏見ですが、

(妙齢の)女性の医師って話通じない時があるというか、「私、失敗しないので。」感が半端ないんですよ。 気の強さが全面に出てて、こちらとしてはなんか面くらいます。 なんだよ偉そうに!という感じです。

 

受付のお姉さんや助手の方は概ねどこでも懇切丁寧な方が多くて良いですが、結局対話・診察するのは医師ですし。

 

皮膚科はまた転々とする可能性がありますが

来週もう一回診察してもらいます。

 

 

 

あぁ、早く治ってほしい。